投資家になろう!!

肉体労働!?頭脳労働でしょ!!

© 投資家になろう!! All rights reserved.

20177/13

メルカリが上場?!IPOって何だろう?

「IPO」とは上場していない企業が資金調達や企業の知名度を向上させるために、

株を投資家に売り出し、証券取引所に上場して誰でも株の取り引きができることを指します。

日本語では「新規公開株」と呼ばれます。

IPO株で儲かる方法は4つの段階で進められます。

 

まずは証券口座を作ることです。

これは銀行口座をつくるのと似ているような構造になっており、

実際に口座にお金を預けておくとそのお金を用いて株式の投資や投資信託を行うことが出来ます。

ただし、どの証券会社もIPO株が用意されているわけではないので、

IPO株を取り扱っている証券会社を選ぶことが重要です。

IPO株はそれぞれ取り扱っている証券会社で抽選を受けることができるので、

当選確率を上げるためには多くの証券会社の抽選に参加することが必要となります。

2つ目にIPO株の情報を調べて、収集することです。

先ほどIPO株を受けるには抽選に参加しなければならないと説明しましたが、

その抽選も毎回あるわけではなく、上場する企業のタイミングを見計らって参加しなければなりません。

このようなことは何も知らなければ乗り遅れてしまいます。

 

やはり情報を調べて収集することが必要です。

主な情報源は東京証券取引所のサイトからなので気軽にアクセスできます。

なお、金融機関のサイトは読み取るのがかなり複雑なのではないかと思われがちですが、

誰でも分かりやすく閲覧することができるようにシンプルなグラフで表して情報公開しています

これなら短時間で情報を得ることが出来ます。

また、グラフ以外でも情報を得るポイントが2つあります。

 

1つ目はIPOの企業情報です。

企業情報は将来的に儲かる会社なのかを確認できる情報のことです。

実際にIPO企業に上場した企業の情報をチェックすることで過去の傾向を確認することができ、

企業のランクアップに繋げることがスムーズにすることが可能となります。

これは抽選に参加するにあたって重要な方法となります。

 

2つ目はIPOの日程管理です。

「申込期間」、「抽選日」、「購入期間」、「上場日」などの項目があるので、

それぞれの日程を見逃さないようにしましょう。

 

3つめのステップは抽選を受けることです。

これはIPO株を受けられる証券会社のサイトにログインして申込ボタンをクリックするのみのシンプルな手順となります。

当選した場合は必ず取引パスワードを入力することが必要です。

これを怠ってしまうと当選してしまってもIPO株を受けられる資格がなくなるので注意しましょう。

このように抽選に当たるといいことが多いように思われますが、デメリットもあります。

 

最もありがちなデメリットは上場後の価格の動きが激しいことです。

長く持つと公募価格よりも下回ってしまい不利になることがあります。

このようなトラブルに遭遇しないようにするためには公募価格で手に入れたIPO株は初値ですぐに売ることです。

まだまだIPOの知名度は低いままなので、これをきっかけに企業の向上に向けて実践してみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

20178/10

ETFと投資信託は同じ?それとも違うもの?

最近は、ETFという金融商品が登場して、その日本名を「上場投資信託」と呼んでいますから、 これは従来からあった投資信託と同…

20178/3

不動産投資の落とし穴、不動産投資の失敗例

投資をよくわからない人でも簡単に始められる投資に不動産投資があります。 投資の仕方もマンションやアパートを保有して、 それを賃貸して家賃…

20177/26

話題のRCEPが日本経済に与える影響

RCEPというのは、東アジア地域包括的経済連携ともいわれているものです。 簡単に言えば東アジアの国々で経済活動が活発になるように協力をして…

20177/17

投資で成功する人達に共通する特徴とは

投資をすることで資産を増やすことも可能です。 ですが、すべての人が投資で成功するとは限りません。 やり方によっては資産を増やすどころか減…

20177/8

お金に好かれる人になるために!投資成功者の特徴

投資に成功すれば、会社勤めでは考えられないほどの利益を得ることができます。 当然ながら、誰もが勝利するわけではなく、失敗すれば莫大な損…

ページ上部へ戻る